ジャズ友がケルンに来たら…

ジャズ友がケルンに観光にきたら…   …という過程で、普通の旅行会社からは得られない情報をまとめてみようと思います。 ケルンはベルリン、ミュンヘン、ハンブルグに次ぐ都市で、人口は約100万人。しかしいわゆる観光スポットには数に限りがあり、日本人観光客は一泊する程度で次の街へ行ってしまうのではないでしょうか。ソコソコの大きさのメッセがあるため観光ではなくお仕事でいらっしゃる方もいると思いますが、ケルン大聖堂以外行くところがない、そう思われる方もいらっしゃると思います。 一般的には大聖堂、他12のロマン派時代の教会、美術館、そしてケルン特有のビール「Kölsch(ケルシュ)」を飲む居酒屋、ライン川、そしてこの町の人々が第五の季節と呼ぶカーニバル文化。このぐらいでしょうか。この辺りはガイドブックにいっぱい載っていますね。ちなみにですが、大聖堂に入ってすぐ右のステンドグラスには土星があります。「Saturn」という電化製品大手がスポンサーになったから、というトリビア。他にも大聖堂にはトリビアがいっぱいあるので、是非細部まで見ていってくださいね。   さて本題ですが、ジャズファンがケルンに来て、ライブに行きたい!となった時参考になるのはやはりネットです。 将来的にはこのブログを是非参考にしていただければと思うのですが、まだ全然データベースとして内容が成っていないので こちらのサイトもご覧ください。 http://www.jazz-in-koeln.de/ http://www.real-live-jazz.de/ http://www.jazz-guide-koeln.de/ http://www.cologne-jazz-supporters.de/   たまにライブシリーズがごっちゃになっているかもしれません、主なケルンのジャズのロケーションをリストアップしてみます。(大物、ローカル、ディクシー、セッション、ビッグバンドに分けてみました)   大物が見たければこちら Stadtgarten ジャズのみではないのですがどちらかというとジャズファンが喜びそうなバンドが来ていると思います Loft 現代系統の大物は大抵こちらです、こちらにもう少し詳しく書いてみました WDR Funkhaus 西ドイツ放送局のコンサートホール(大小あり)WDR Bigband もこちらで定期公演しています Kölner Philharmonie ケルンのフィルハーモニーですね。たまにジャズもやってます Next Level Jazz WDR Bigband レギュラーのサックスプレーヤー Paul Heller のライブシリーズ(毎月日曜日)   ローカルなジャズシーン、これが一番リストアップしにくく、一番興味を持っていただきたいところですね 上記の Loft 、 以前紹介した Salon de Jazz 、 他にも Stadtgarten の地下にある Studio 672 、 ちょっと高級感がある Altes Pfandhaus 、 レストランバーの ABS […]

比較的新しいレーベル紹介

CDやLP、ジャズを聴くにはライブ以外にも音源を探すという手がありますが、有名どころで ECMとかでしょうか?ここ数年、自分たちのやり方で音楽を形に残したいという思いで幾つかのレーベルができています。今回紹介するのはそのうち三つで、どれも現役音楽家、それも結構若い人たちが立ち上げたところです。今後CDレビューとかもしてみようかな。 KLAENG records KLAENG (クレング)についてはまた後日書こうと思いますが、簡単にまとめるとケルンの若いジャズを統括しているとも言えるグループです。そのグループが自分や仲間の音源をCDやLPにし、レーベルとしてサポートしていくというのが、このクレング・レコーズですね。既にかなりの枚数が販売されており、正直どれを取ってもハズレはないと思われます。 FLOAT MUSIC フロート・ミュージックは二人のサックス奏者が作ったレーベルです。上記のクレング系統とも仲間で、商売仲間というよりは良きライバルといったところでしょうか。こっちとクレング、両方でCDを出している人も結構います。フロートボックスというレーベル独自のお試しコンピレーションを売っているところがいいですね。ジャンル的にはモダン寄り、あとビッグバンドのCDがあります。 IMPAKT クレングとフロートではジャンルは現代ジャズ、モダンジャズ、中にはサーフィンジャズっぽいものもありますが、インパクトはフリー、エクスペリメンタル、インプロ系統に限られています。ケルン近郊でフリー系を中心に活動している人たちが集まったグループで、レーベルもやろう、といったところでしょうか。ジャケットを見てもジャンルが大体想像できるのは楽しいかもしれませんね。

ケルン市のジャズ賞 Horst & Gretl Will – Stipendium

年一度、ケルン市のジャズ賞が授与されます。ホルスト&グレートル・ヴィル賞と言って、1998年より毎年一人、ケルンのジャズ界より選ばれています。2002年のみ二人選ばれていますね。これからここにリストアップされている人も含め、ケルンの音楽家を一人ずつ紹介していきたいと思います。 1998 Hayden Chisholm 1999 Nils Wogram 2000 Jürgen Friedrich 2001 Matthias Mainz 2002 Terrance Ngassa 2002 Florian Ross 2003 Lars Duppler 2004 Frank Sackenheim 2005 Niels Klein 2006 Florian Weber 2007 Laia Genc 2008 Philip Zoubek 2009 Robert Landfermann 2010 Tobias Hoffmann 2011 Benjamin Schaefer 2012 Pablo Held 2013 Stefan Karl Schmid 2014 Filippa […]