Dieter Manderscheid (b) ディーター・マンダーシャイド

前回、前々回は若手を紹介してきましたが、今回はケルンのジャズシーンでも重鎮と言えるコントラバス奏者、ディーター・マンダーシャイド氏について書こうと思います。彼がいなくてはケルンのジャズシーンは今の様になはならなかったでしょう。ここまでジャズ、そしてアヴァンギャルド系、フリージャズ等がケルンで発達できたのも彼の影響があります。 現在はケルン音大でジャズベースの教授をされていて、ジャズ科の学部長(っていうのでしょうか?)も務めています。いつも温厚で学生の味方と言われていますが、音楽家としての彼はまだ現役!ドイツ語圏や近場のヨーロッパのジャズフェスは制覇済みで世界中で演奏しています。Brötzmannといえば日本でも有名人と思いますが、彼とも録音をしていたりします。 彼のホームページでは最近のCDがリストアップされていませんのでここに一枚載せます。二枚目は少し古めで、日本のアマゾンにはこのほかにもう一枚しかなかったですね。      そしてコントラバス四人という珍しいコンボも組んでいます。このビデオは Stadtgarten というところで撮影したものですね。若手のドラマーとの共演です。 以前 KLAENG というグループに触れましたが、そのグループのお手本となったであろう JazzHaus の主要メンバーでもあります。この2グループについては後日詳しく。 ちなみにディーター・マンダーシャイドの世代は、少なくともケルンでは音大に入学してもジャズ科がまだなく、専攻できない時でした。クラシックで鍛え上げ、オーケストラでも演奏経験を積み、ジャズ仲間とともに新しい音楽を勉強していったのだそうです。JazzHaus メンバーを含め、当時のジャズプレーヤーの努力があって、今日音大でジャズ科が築かれてきました。今ではケルン音大でも特に進歩的と言えます。 ホームページはこちら。 参加バンド(抜粋) Frank Gratkowski Quartett BASZ Ekkehard Jost (Trio, Quartett, …?人まで)