謹賀新年

(Last Updated On: 2019 01/06)

皆さま、2019年になりましたね。新年あけましておめでとうございます!

ツイッターでも告知しましたが、やっとブログ再開しようと思います。


始めたばかりだったのにいきなり休止かよと思われる方もいるかもしれませんが、これには訳がありまして。私事で申し訳ないのですが、大学を卒業するという、人生の節目的な夏を乗り越え、やっと社会人の生活にも慣れてきたという次第です。
ブログを休止しても世間は待ってくれず、私が卒論に苦戦している間にまたもや新しいレーベルができたりと、書くことはいっぱいあります。そこで、今予定しているテーマをまとめてみました。

  1. 私が卒業したのはケルンの音楽(&ダンス)大学の教職課程です。私の周りには様々な音楽教育を受けてきた人達がたくさんいたこともあり、自分もピアノの先生をここ十年ほど勤めてきたこともあり、ケルンのジャズに大きな影響を与える、地元の音楽教育について、少し書いていこうと思います。ケルン音大で長年ジャズ科のトップであった(もうそろそろ定年かな?)ディーター・マンダーシャイト とのインタビューも紹介します。
  2. 以前紹介したピアニスト パブロ・ヘルト が、ジャズミュージシャンをインタビューするというシリーズがスタートしました。ちょっとずつ日本語で紹介していきます。
  3. ケルン発のレーベル、こちらのジャズクラブやバーなど、どんどん紹介していきます。
  4. コンサートとCDレビューは、友だちをレビューすると変なことになるので、ホドホドにやっていきます。

とりあえず考えているのは以上です。三日坊主なため、すぐにまた休止にならないようにゆったりと書いていくつもりです。
皆さま、良いお年を!

コメントを残す

15 − 5 =